<< トリックオアトリート | main |

スポンサーサイト

  • 2015.10.31 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


トリックオアトリート

今日がハロウィン当日なんてしんじな…

「トリックオアトリート!」
「うわぁーーーっ!!」


その人は勢いあまって池に落ちた。



「牡丹殿、流石に驚きましたよー」
「すまんネ。でも、このリアクションが欲しかったんだヨ!むしろ、ありがとウ!!」
「喜んでいいのでしょうか…」

流石に自分が驚かせて、池に落としてしまったので、牡丹は水仙を池から引き上げると、近くにある彼の家に向かった。

彼が服を替えるというので、自分もどろどろになりつつあったコスプレ衣装から着替えることにした。

「とりあえず、ここで待ってて下さッ…ちょっ、牡丹殿?!なんで脱いでるんですか!」
「?、服を着替えようと思ってネ。直ぐに終わるし、水仙も着替えに行くんだロ?」
「着替えますけど、一応、私も男でして…その…」
「別に全部は脱がないから安心しロ?」
「はぁ…」

水仙は諦めたように溜め息をつくと、部屋を出て行った。牡丹も仙人掌から貰った袋をあさって、中から普段着に似たチャイナドレスを引っ張り出す。

「やたらヒラヒラしてるがまぁ悪くはないネ!」
「牡丹殿ー、お湯は浴びられますかー?」

水仙が扉越しに訪ねる。

「顔だけ洗いたいネ!ありがト!」 
「では、どうぞ使って下さい。」

水仙に案内されて、風呂に行くと丁寧にもバスタオルまで用意されていた。せっかくなので、お風呂も借りることにした。

風呂から上がり、水仙のいる居間に行くと水仙は牡丹を見るなり顔を真っ赤にして目を伏せた。 

「牡丹殿、その服は…」
「今流行りの胸元に穴が開いてるタートルネックを参考にしたらしいゾ!」
「その、目のやり場に困ります…」

仕方ないので胸に包帯を巻き直した。

「これでどうかナ?そもそもこれはロングのドレスだからあんまりエロくないネ。」
「エロいエロくないは関係ないですよ。」
「そんなんじゃ好きな女の子にアタックすらできないヨ!」

ずいっとテーブル越しに水仙に迫ると恥ずかしそうに視線を泳がせた。

「別に、そんなにすぐアタックする予定はないので大丈夫です…それに、好きというか、気になる程度でして…」
「ハッキリしないナ!もっと自信をもってもいいと思うゾ?」
「牡丹殿…」

そう言って牡丹は荷物をあさると、ヘビイチゴに貰った飴を取り出した。

「水仙の意中の人から貰った飴だヨ。ウチはもう食べたから、あげるネ。」
「これは一体…?」
「相手の好みを理解するのも大事だゾ。まぁ、たまたまもってただけかもしれないけどナ!」
「あっ、ありがとうございます!」

水仙は頭を下げると飴を見て、小さく微笑んだ。ついでに仙人掌のお菓子も並べる。

「じゃあもう行くネ。」
「なんか貰ってばかりで申し訳ないです。」
「お風呂貸して貰ったし、これでチャラネ!」
「牡丹殿も良い出会いがありますようお祈りしています。」

家の扉を開けると、温かい日差しが迎えてくれた。
一つ伸びをして、牡丹は次に向かうのだった。

(リア充爆発しロ!!)

その頬に微かに涙が見えた気がした。




岬ひなさんから水仙くんをお借りしました。
水仙くんはふわふわして可愛いですね。

スポンサーサイト

  • 2015.10.31 Saturday
  • -
  • 21:08
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM